倉敷

倉敷探訪

~大原孫三郎の功績をめぐる~

倉敷周辺は昔は海でした。その後、高梁川の氾濫と干拓によりしだいに陸地化し、1600年頃にはほとんど陸地になり、1642年には徳川幕府の直轄地になっています。
以後、幕府の保護や周辺の豊かな産物を背景に、物資の集積地として成長しました。
当時の倉敷川は、潮の干満を利用して多くの船が航行し、倉敷は物資輸送の集積地として、白壁土蔵造りを中心とする町並みが形成されました。
20世紀になると、大原孫三郎が様々な社会活動を通じて、倉敷を全国に知られるユニークな町にしてきました。

町づくりに貢献した大原孫三郎

大原家は倉敷きっての大地主で、倉敷紡績所(のちのクラボウ)の2代目社長・大原孫三郎は様々な慈善活動、社会活動を行いました。

1902年 工場内に尋常小学校を設立。倉敷商業補修学校(現在の倉敷商業高校)を設立。
1914年 大原奨農会農業研究所(現在の岡山大学資源植物科学研究所)を設立。
1919年 大原社会問題研究所(現在の法政大学大原社会問題研究所)を開設。
1921年 倉敷労働科学研究所(現在の大原記念労働科学研究所)を開設。
1923年 倉紡中央病院(現在の倉敷中央病院)を設立。
工員だけでなく市民の診療も行い、現在は全国でも有数の総合病院になっている。
1930年 日本初の私立西洋美術館「大原美術館」を設立。

美しい倉敷の町

観光名所として全国的に知られている倉敷には、昔ながらの風情ある町並みが今も残っていす。歴史的建物をリノベーションしたカフェやショップなどもあり、国内外から多くの人が足を運んでいます。美しい白壁となまこ壁のくらしきの町を、ぜひゆっくりと満喫していただきたいです。

大原家ゆかりのスポット

くらしき伝から歩いて回れる大原家ゆかりのスポットを紹介します。

大原美術館

大原孫三郎がパトロンとして援助していた洋画家・児島虎次郎に託して収集した西洋美術、エジプト・東洋美術、中国美術などを、日本人に実物を見てもらうために日本初の近代西洋美術館として設立された美術館です。エル・グレコ「受胎告知」、モネ「睡蓮」、ロートレック「マルトX夫人の肖像」、ゴーギャン「かぐわしき大地」、ピカソ「頭骸骨のある静物」、ルノアール「泉による女」、セザンヌ「風景」「水浴」、ミレー「グレヴィルの断崖」、ピカソ「鳥籠」など、数多くの有名な作品が展示されています。

大原本邸(語らい座)

大原家の本宅。主屋は明治時代後期の建築で「語らい座 大原本邸」として一般公開されています。

今橋

1926年に大原孫三郎の資金援助で架け替えられたものです。欄干のデザインは児島虎次郎によるものです。

有隣荘

1928年に大原孫三郎が病弱な妻のために建てた大原家別邸。緑色の瓦が目立つことで「緑御殿」ともいわれています。

倉敷民藝館

1948年に、日本で2番目に開設した民藝館です。大原孫三郎の子息、大原總一郎が提供した江戸時代後期の4棟の米倉を再生活用し、日本をはじめとして世界の民藝品が約1500点収蔵されています。
1936年につくられた東京の日本民藝館は、大原孫三郎の寄付によるものです。

倉敷考古館

1950年に江戸時代の米倉を改装して開館。岡山県から広島県東部にまたがる吉備地方の遺跡の発掘を展示をしています。建物の側面壁の貼り瓦の美しさで有名です。

新児島館
(旧中国銀行倉敷本町支店)

鉄筋コンクリート造り2階建ての西洋建築の建物。1922年に大原孫三郎によって建築されました。ステンドグラスの窓や、前面・側面に柱をもつルネサンス様式の建物は、国の登録有形文化財となっており、2016年まで中国銀行倉敷本町出張所として使用されていました。
2022年の秋に、洋画家・児島虎次郎(1881~1929)らが収集した古代エジプト・西アジアの文化財を展示、研究する拠点として開館予定です。

アイビースクエア

アイビースクエアは江戸幕府の代官所跡に1889年に建設された倉敷紡績創業の旧工場で、1973年にホテルとして再生されました。建物は2007年に経済産業省より「近代化産業遺産」に認定されています。

阿智神社

美観地区の一角にある鶴形山の山頂に鎮座する創祀1700年を超える古社。瓦屋根の連なる美しい景色が見渡せるビュースポットです。

倉敷観光コンベンションビューローのサイトへ移動します。